アルバイト カードローン

アルバイトでも保証人なしでカードローンに申込む方法

金融機関からの融資を受けるときは、比較的多くのケースで「連帯保証人」が必要になっています。
個人向けのキャッシングサービスについても、保証人が必要になる会社もありますので、よく確認した上で申込む必要があります。
連帯保証人の責任についても理解を深め、保証人なしでカードローンに申込む方法を選ぶようにしましょう。

 

カードローンの保証人とは?

 

お金の貸し借りにともなう保証人は、正確には、連帯保証人となっていることがほとんどです。
連帯保証人は、お金を借りた人の返済が滞った場合に、本人と同じ責任を負うものです。
「お金を借りたのは私ではないから・・・」「まずは先に借りた人に請求して!」と言う権利すらありませんので、非常に厳しい責任があることが分かります。
親戚や知人・友人に保証人になってもらうことも可能ですが、親しい関係が崩壊してしまう可能性がある点に注意しなければなりません。

 

保証人なしでカードローンに申込むには?

 

保証人を用意せずに融資を受けるには、大手の消費者金融や銀行カードローンのサービスを選ぶだけです。
中小の消費者金融の一部に「保証人が必要になる場合がある。」という程度ですので、誰でも知っているプロミスやアコム、バンクイックやレイクなどを選べば良いだけです。
安易に借りやすそうだからということで、中小のよく分からない業者に申し込んでしまうと、後々のトラブルに発展してしまうことがあるので注意するようにしましょう。

 

カードローンの申込みに必要なものとは?

 

カードローンの申込みで必要になるものは、基本的には、身分を証明するための運転免許証や健康保険証などだけです。
収入証明が必要になるケースもありますが、希望額が多いときは、銀行カードローンを選ぶことで証明書なしとすることができます。
運転免許証や健康保険証は、簡単に用意できるものですので、融資を急いでいる方は、早めに申込み手続きに進むようにしましょう。

アルバイトもカードローンでお金を即日借入できる?

【失敗しないカードローン選びの3つのポイント】と、【おすすめのカードローン】を比較表で紹介します!お急ぎの方、初めての方も、チェックして下さいね!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!


安心の大手カードローン、最短1時間融資!もっと詳しくチェック!