アルバイト カードローン

アルバイトでもカードローン審査が受けられるか?

お金を借りる必要があるのに、「自分はアルバイト勤務だから・・・」と消極的になっている方がいるようです。
たしかに、正社員であるほうが望ましいのはもちろんですが、多くのアルバイト勤務の方がカードローンを利用していますので、審査に不安を感じる必要はありません。
ただし、カードの限度額の決まり方や収入証明書が必要になるときなど、事前に理解しておくポイントがいくつかあります。
カードローンの選び方の基本的な内容について理解し、カードローン審査の選び方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

カードローンの限度額の決まり方とは?

 

まず、消費者金融のカードローンの限度額は、消費者金融が決めている部分もありますが、法律による制限がある点に注意が必要です。
2010年6月18日以降は、総量規制が始まっていますので、消費者金融からの融資は、最高でも年収の3分の1までとなっています。
つまり、毎月10万円のアルバイト収入がある方の場合、年収が120万円となりますので、消費者金融からの融資は40万円までとなります。
年収の3分の1を超えるお金が必要になっているときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ぶ必要があります。

 

源泉徴収票の提出が求められるときとは?

 

また、収入証明書の提出を心配するアルバイトの方もいますが、消費者金融の場合は、50万円超の希望額のときに必要になります。
希望する金額が50万円を超えるとき、あるいは、他の消費者金融との残高の合計が100万円を超える融資を受けるときに、証明書の提出が求められます。
源泉徴収票や納税証明書などを用意するのが難しいなら、提出要件がゆるい銀行カードローンを選ぶのも1つの方法です。
銀行のカードローンなら、100万円までなら収入証明書なしでも利用できますし、みずほ銀行や三井住友銀行のカードローンのように100万円超でも証明書不要というカードローンもあります。

 

カードローン審査を受ける際の注意点!

 

アルバイトだからといって特別に不利な扱いを受けるわけではありませんが、審査項目のウソだけには注意をしてください。
他社の借入残高や件数、あるいは、お勤め先の情報などでうそを申告する方がいますが、簡単にバレてしまいますし、審査落ちの原因となります。
つまらないウソで融資が受けられるものが受けられなくなりますので、ありのままの状態を伝え、カードローン審査を受けるようにしましょう。

アルバイトもカードローンでお金を即日借入できる?

【失敗しないカードローン選びの3つのポイント】と、【おすすめのカードローン】を比較表で紹介します!お急ぎの方、初めての方も、チェックして下さいね!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!


安心の大手カードローン、最短1時間融資!もっと詳しくチェック!