アルバイト カードローン

アルバイトのキャッシングの限度額の決まり方

アルバイトのキャッシングでは、総量規制を理解することで、カードの限度額の決まり方も理解できます。
必要なお金を用意できるかどうかは、総量規制の影響があるかないかで異なります。
総量規制は、貸金業者による融資のし過ぎを防止する目的で、2010年6月から始まったルールです。
このルールについて理解すれば、アルバイトがどのカードローンに申込むべきかが分かると思います。

 

アルバイトと総量規制の関係とは?

 

まず、総量規制は、貸金業法が規制する「貸金業者」が融資をする場合、年収の3分の1を超えてはならない、というものです。
たとえば、毎月10万円のアルバイト収入があるなら、年収120万円となりますので、その3分の1の40万円が法律上の限度額になります。
そのため、自分の年収の3分の1超の限度額を希望するときは、総量規制対象外カードローンを選ぶことになります。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制対象外というのは、「貸金業者」ではない会社が提供するカードローンです。
貸金業者は、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などのことで、これに銀行や信用金庫は含まれていません。
つまり、総量規制対象外は、銀行カードローンのことになりますので、高額融資が必要なアルバイトは、銀行カードローンを選べば良いことになります。

 

収入証明書の提出と限度額の関係について

 

アルバイトのキャッシングで収入証明書の提出が必要になるのは、消費者金融と銀行カードローンとでは異なります。
プロミスやアコムのような消費者金融では、希望する限度額が50万円超のときに必要になります。
源泉徴収票などの用意が難しいアルバイトは、提出条件がゆるい銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。
銀行カードローンなら100万円程度までなら収入証明書不要となっていますし、三井住友銀行や楽天銀行のキャッシングのように、300万円まで収入証明書不要というものまであります。

アルバイトもカードローンでお金を即日借入できる?

【失敗しないカードローン選びの3つのポイント】と、【おすすめのカードローン】を比較表で紹介します!お急ぎの方、初めての方も、チェックして下さいね!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!


安心の大手カードローン、最短1時間融資!もっと詳しくチェック!