パート・アルバイトの融資限度額

パート・アルバイトの融資限度額

パートやアルバイト勤務の方は、一体いくらまで融資が受けられるのか、という点に興味があると思います。

 

いくらまで融資が受けられるかは、実際に審査を受けてみないと分かりませんが、総量規制が1つの基準になります。総量規制は、2010年に施行された改正貸金業法に盛り込まれた仕組みで、原則として、年収の3分の1までの融資しか認めないというものです。たとえば、毎月10万円のパート・アルバイト収入がある方は、年収120万円ということになりますので、その3分の1の「40万円」までが法律上の融資限度額となります。しかし、この総量規制は、プロミスやアコムなどの消費者金融、あるいは、クレジットカード会社のキャッシングに適用されるもので、銀行カードローンとは関係ないものです。

 

どうしても自分の年収の3分の1を超える融資が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行カードローンを選ぶようにするといいと思います。同様に、50万円を超える融資を受けるときは、消費者金融では、収入証明書が必要になります。勤務先からもらった源泉徴収票が用意できないときは、消費者金融ではなく、収入証明書不要の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

アルバイトもカードローンでお金を即日借入できる?

【失敗しないカードローン選びの3つのポイント】と、【おすすめのカードローン】を比較表で紹介します!お急ぎの方、初めての方も、チェックして下さいね!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!


安心の大手カードローン、最短1時間融資!もっと詳しくチェック!